牛糞をふんでふまれて三千里

こんにちは。
まだまだインドです。
私は数日前から北インドのガンジス河沿いの風景で有名な、HOLY CITY ことヴァラナシにきております。
よく聞く話だけど、ガンジス河で洗濯してたり、沐浴してたり、川沿いで火葬してたりという風景はまさにここのことです。

聖なる町。
スピリチュアリティが売り物になってこの町は世界的に有名な観光地となってます。
そんなことを考え始めるとなかなか面白いです。

どうみたってきたないだろ、この河。って河が信仰の対象になっていて、人々は熱心に皮に向かって祈りをささげているわけで、そんな光景を見ていると、良し悪い云々ではなく、ただ純粋に『信じるという力』の偉大さというものを感じずにいられません。
川沿いの夕暮れに包まれつつ、しばらく相棒と途切れ途切れの言葉をつなぎながら信仰というものについて語っていました。

が、そのメモを忘れたのでまた次回書くことにします。

とにかく何が言いたいって、この国はどこも牛糞にまみれてて、私も牛糞とカレー粉にまみれて旅をしています。ってことです。

では、すぐにまたかきます。
[PR]
by sykkngw | 2008-01-14 17:14 | きままに旅日記。
<< 仏陀の教えと皮肉な彼 インドカレーでしょうがつぶとり >>