魂のダンスってこれなんかな。

バンコクに居る時に通っていたバンコク国際映画祭で賞を受賞していたドキュメンタリー映画『RIZE』
見たい見たいと思っていたら、何と先日TSUTAYAで発見。
早速一人上映会してました。
f0088016_12784.jpg


アメリカのLAのゲットーに住む黒人社会の話で、その中でTOMYという男性が一応主人公。
TOMY自身も元々はギャングでドラッグディーラーやってたけど、足を洗ってから子ども達のためのピエロを始めた。ピエロに扮してダンスを踊り子ども達の誕生日パーティーなどを請け負居始めたのが彼のビジネスの始まり。

f0088016_1282166.jpg


そこから良い動きをする子どもたちをどんどんスカウトしていって2002年の段階では50ものピエロダンスグループができたそう。もう誰もが知るほどの一大ムーヴメントになった。

子ども達の暮らす環境は劣悪で、街を歩いているだけで何時殺されるかもわからない。街はギャングで溢れていて、よほど打ち込む事がない限り、ギャングに入り、悪事に手を染めてしまうのが現実。孤児やら薬中の親を持つ子どもなどが溢れ、非常にHOPELESSな環境で彼ら特有のダンスに情熱を注ぐ事で自分達の圧迫された感情、怒りを表現する事ができる。

f0088016_1293787.jpg


実際に彼らを取り巻く環境はあまりにも酷く、私らが到底想像し難い世界で、HOPELESSな空気が満ち溢れている為、中々人々はそこから抜け出そうとはしないけども、ダンスに打ち込む若者の目は非常に輝いている。

人間にとっての環境の大切さ、そして悪環境を変えようとする姿勢の重要さ、圧迫されながらも必死に創造的にそれを表現する彼らの魂の叫び、そして行動に伴う無限の可能性を感じさせられた一作。

ダンス、音楽、視覚的にもナカナカかっこよくできていて、でもかっこいいだけではないメッセージのぎっちりつまったドキュメンタリー。
こりゃお気に入りのドキュメンタリーの一つに入りました。

CHECK IT OUT!
http://www.rizethemovie.com/
[PR]
by sykkngw | 2006-12-06 01:37 | 徒然なるままに思う事
<< なんつうか。 だご九州つたい。 >>