水もしたたる良い少年

って事で前三日間、散々水したたってきました。

タイの旧正月は、他とちょっと違います。
何が違うって。みんなクレイジーになるのです。

何でか知らんけど、取り合えず町中水浸し、この期間だけは、タイ中どこでも誰にでも水掛けていいのです。

ほら、今想像したでしょ?『きゃっきゃ』とか言いながらかわいく水掛けてる姿。

はい、大間違い。みんなでっかいバケツやら水鉄砲やら、ホースやら、水瓶やら持ち寄って、家族総出で水掛け合うのです。一歩外に出れば、はい、あなたも水も滴る良いうんちゃら間違いなし。

タイで特に有名なのが北のチェンマイというタイで二番目の都市なんだけど、ここにタイ中から人が水掛に集まるのです。いや、言ってみれば世界中から集まっちゃうのです。

どんなもんだろうと私もバンコクから夜行バスに揺られて12時間、はるばるやってきたわけです。チェンマイでバンコクで知り合った先輩とその仲間(ちなみに初対面)+私のルームメイトと落ち合ってしばらくしてから、ご飯を食べに行こうと初対面の面々に何故か私一人というメンバーで出かけたわけです。

車の中から見える水鉄砲を持った人々。おっかねー。てかわくわくー!いやぁどんなことになっちゃうんだろう、とドキドキしながら着いたレストランに入るべく車を降りた。

瞬間。

ばっちゃーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!

初対面のわりにいきなり人生について熱く語ってくれた先輩の友達の熱を冷ますかのように、文字通り、ず・ぶ・ぬ・れ。

みんな容赦ないんです。

一度ホテルに帰ってから着替えて、今度は自ら進んで参戦。
水鉄砲やらバケツやら買い込んで戦いの前線に挑む。

ルームメイトのミンと水鉄砲できゃっきゃいいながら可愛く水掛け合ってたら

後ろから、やられた。
またしてもずぶぬれ。ずぶぬれネズミはそのまま前線に向かう。
川沿いが一番人が多くてその道を埋め尽くすかのように人々が待機していてそこを歩いて通っていくのが主流。あまりの人の多さに圧倒される。そして、可愛く『新年おめでとー!』なんていって水掛けてくれる人はいいんだけど、いやぁあんたやりすぎでしょってくらいの冷たい氷水を頭からズボーーーーーーーーーーーーーーーって続けさまに五人くらいから掛けられると流石に身が縮む。ってか3センチぐらい縮んだ。くそぅ。

私は基本可愛い子好きなので、可愛いちびっ子見つけては水鉄砲でいじめてました。ちびっこだと甘く見て、これでもかというほど水鉄砲でいじってると、ちびっ子陣営の仲間たちに氷水かけられて死にそうになりました。やっぱり弱いものいじめは駄目みたいです。

ちなみに犬も参戦してました。というか為すがまま。笑。
可愛いやつらは人間の為すがまま。訳もわからず水掛けられてあたふた。そりゃそうだ。
いやぁ、でも可愛いからやめられません。

まぁそんなこんなで、2日間馬鹿みたいに水掛けては寝て、食べて、ぐーたらしながら遊んでました。そしてまた焼けました。そして機能の夜バンコクに帰ってきて気づきました。

あ、レポートやべぇ・・・・

レポートまでも水に流すことは無理みたいです。

Oh,man!


f0088016_18373790.jpg
[PR]
by sykkngw | 2006-04-15 15:57 | きままに旅日記。
<< 成分分析されてみた結果。 バリの芸術の町、ウブド。らしい。 >>